ホーム > 和食 > 和食から学べば料理が得意に

和食から学べば料理が得意に

ひたしものの料理の仕方に関しては各人各様だと思いますが、一般的な作り方も習ってみてください。出汁や醤油、さらに味醂と言った材料に浸けて食すのが従来の作成手順なのです。ただ、しょう油で味付けするだけで仕上げる浸し物というのも一般的です。

ほうれん草等、浸し物の材料に合わせる調味液は浸し地といいます。この液は家庭によって使う調味料と配合は違ってきますし、貴方好みな味付けを見つけていきましょう。

原材料については茹でた後はしっかり水を取り去るように心がけましょう。おひたしの定番の緑黄色野菜と言えばほうれん草ですとか小松菜等ですが、その他にも思い掛けないものが合うこともあるのです。

セロリやピーマン、カボチャ等も上手く出来る素材なので、作れる料理のラインナップを増やす場合にはもってこいのジャンルかもしれないですね。

こちらもおススメ:環境に優しく肌にも優しいのが布ナプキンです